ことごと紡ぐ、淡々と

日々の暮らしを めいっぱい楽しみたくて日々、試行錯誤しています。 --- 家仕事って、おもしろい。---

アレッタをこう食べました

f:id:wata202:20190307222411j:image

おはようございます。綿です。

先週の【ごはん支度と一言コラム】でチラッと書いていた

アレッタ

結局どんな風に食べたのか気になっている方がいるとは思いませんが(笑)、せっかくなので書いておきたいと思います。

 

 

ころで、皆さんは アレッタ 知っていましたか?

私は存在すら知らなかったのですが、上の写真のような姿をしています。写真の加工はしていないのでそのままの色。結構スモーキーな色合いで一気にオシャレな感じに思えてきました。(笑) 

 

アレッタは、ブロッコリーとケール(青汁の原料として用いられている野菜)を掛け合わせた野菜で、平成23年3月に品種登録されました。

なばな類に分類され、見た目は茎ブロッコリーにそっくりですが、葉も茎もつぼみも全て食べられます。

 

野菜のいろいろ-アレッタ−月報 野菜情報−2013年5月

と、あります。

最近作られたお野菜だったんですね。

ケールと聞くと青汁の原料のイメージが強いので何となく栄養価が高い感じがしますが、ブロッコリーの約3倍のカロテンやビタミンKが含まれているそうです。

 

は、ケールのイメージにはほど遠く苦みはほぼ感じませんでした。ブロッコリーの味の方が近いかな?

 

こう食べました。その1

f:id:wata202:20190307222448j:image

 ごくごく普通のカレーを作ったので、

その上にエリンギと一緒に炒めてON!

目玉焼きもON!豪快なくらいがちょうどいい。これはもう、ご馳走でした。とっても美味しかったので おすすめです◎

 

スモーキーだった色合いが火を通すと色鮮やかな緑になるのもいい感じ。

 

 

こう食べました。その2


f:id:wata202:20190307222720j:image

 カレーに乗っけたソテーが美味しかったので

またもやエリンギと蓮根と炒めてオイルパスタにしてみました。

「オイルとの相性がいい。」と書いていた通りオイルパスタもとっても美味しかったです。

 

我が家では珍しく洋食続き。

 

 以前、スティックセニョールを主人が調理した際、ざっくりとカットしてあるのがプロっぽかったので、真似してみましたが「大きいね。」と笑われてしまいました。たかが野菜のカット、されどカット。奥が深いです。

 

局、同じような調理方法で食べてしまいましたが、サイトで紹介されていたようなアレッタの豚肉巻きアレッタのお浸しも美味しそうでした。今度スーパーで見かけたら買って、やってみようと思います。

 

 

▽ 合わせて読みたい ▽

www.wata202.com