ことごと紡ぐ、淡々と

日々の暮らしを めいっぱい楽しみたくて日々、試行錯誤しています。 --- 家仕事って、おもしろい。---

掃除は毎日こまめにがやっぱり良かった。10分間そうじの復活

“”f:id:wata202:20190210140545j:image

↑ 無印良品の落ちワタ混ふきん12枚組。キッチンでの役目を終えたふきんは雑巾へと昇格◎上拭き用、下拭き用、トイレ用の3枚があります。

 

「その日の汚れはその日の内に」 一度は耳にしたことのあるフレーズ。最近になって本当にその通りだなぁと感じています。

 

結婚後、退職してから2人目の妊娠中までの数年間、毎日やっていた〝10分間そうじ〟 月曜日は玄関、火曜日はトイレ…と曜日と場所を紐づけて簡単な掃除をしていました。10分間は、およその目安。まぁ、大体それくらいだろう、といった感じ。(笑)そうじのハードルを下げて気軽に出来るように…

 

 

▷やらなくなった理由

掃除って、毎日やっていると〝やった感〟が感じにくいなと思うことありませんか? 私は子供の頃から、掃き掃除をするなら沢山ゴミが集まる方がやり甲斐があっていい!と思う方でした。(えぇ、御察しの通りコツコツが苦手な子供でしたよ。笑)数年間ずっと続けて来たある時、〝全然汚れてないし、やる意味あるのかな?〟と思うようになり、あっさりやめてしまいました。

f:id:wata202:20190210140555j:image

↑ 2年前に買い替えたマキタの掃除機。気軽に使えるのでめちゃくちゃ気に入ってます。

 

▷やめて1年ちょっと経った、今

久々に〝10分間そうじ〟として月曜日の朝、玄関と廊下の掃除をしました。年末にも大掃除をして、ほぼ毎日掃除機もかけているけれど、1ヵ月もすれば汚れも多少ついています。

 

拭き終えればやっぱり気持ちがいい。その場の空気が整ったように感じました。やり甲斐は少ないかもしれませんが、やっぱり常にキレイな方が気持ちがいいし、目で見て分かる汚れだけが汚れじゃないんだな。と、やけに納得してしまいました。(笑)

 

▷綿さん家の〝10分間そうじ〟

我が家はそんなに広くない2LDKの賃貸。ざっくり分けると6区間。

・月曜日→玄関と廊下

・火曜日→トイレ

・水曜日→洗面所、お風呂

・木曜日→キッチン、ベランダ

・金曜日→リビング、寝室

・土曜日→そうじ道具の掃除

・日曜日→予備日(おやすみ)

曜日と場所を紐づけて、毎週掃除を繰り返していきます。その日に出来なかったら次の日にまとめてやったり、ずらしたり。気分の乗らない時は堂々と(笑)次週に回してしまいます。毎週すると決める利点はここにありますね。

 

ウールダスターでホコリを取って、固く絞った上拭き雑巾で壁や棚を拭いて、下拭き雑巾で床をきれいに吹き上げます。

特に何もなければ、10分もかからないこともあります。大事なことは、毎日ただ、淡々とこなすこと。なので、あっちもこっちもと、気になった部分に手をつけないようにしています。そこはまた、別のタイミングでするようにしています。

f:id:wata202:20190210140604j:image

↑ Instagramでもよく見るウールダスター。見た目の可愛いさ以上にホコリの吸着もよくて使いやすいです。我が家はLサイズ。

 

やるタイミングは〝何かの続き〟

習慣づけるには、〝日常の行動の中に組み込むこと。〟とは、よく聞きますが、私は朝の家仕事の流れでやってしまいます。

子供達の機嫌も良くて、朝の家仕事の勢いそのままササッと終わらせます。

 

子育て中にもおススメな理由

息子は今2歳、私が何かしていてもすぐに呼ばれます。もうすぐ1歳の娘は、すぐに私の後を追いかけて来ます。おもちゃやテレビが子供を引きつけてくれいる時間はそんなに長くはありません。なので、〝10分間そうじ〟はおすすめ。

 

特に、朝の機嫌の良いタイミングにサラッと終わらせます。子供と一緒に、1日の大半を過ごす場所がなんとなく汚れているとイライラもしてきます。よく、〝そこまで手が回らないから、家の事は後回しでいいのよ。〟と言われますが、後回しにしたところで結局やるのは自分。汚れた場所にいてイライラするのも自分。なら、やってしまう方が手っ取り早くて気持ちいいや!と、いうが最近の私です。

 

終わりに…

〝全然汚れてないし、やる意味あるのかな?〟と思った答えは〝大いにあった〟 

また、いつか飽きて辞めたくなるその日まで(笑)毎日淡々と10分間そうじを続けたいと思います。

 

 

 

 

 ▽ 合わせて読みたい ▽

www.wata202.com