ことごと紡ぐ、淡々と

日々の暮らしを めいっぱい楽しみたくて日々、試行錯誤しています。 --- 家仕事って、おもしろい。---

啓蟄とは?どんな日?

itu

f:id:wata202:20190305151000j:image

 

まだまだ寒さは感じるものの、日中暖かい日が増えてきましたね。


梅の便りが届いたり、街が春色を飾り始めると、ますます「春めいてきたな。」と感じます。それもそのはず、今日から冬眠している生き物達が目を覚まし始めるという啓蟄の時期に入ります。

 

 

二十四節気

二十四節気は簡単に説明すると、古代中国で考えられた、気候の推移を示すための基準点。


1年間を24に等分したもので、立春から始まり毎年の季節と一致してずれることがないため、農作業などの目安として用いるのに優れています。

毎日忙しく過ごしていると、どうしても季節の移り変わりを感じにくくなります。二十四節気は、季節を意識する大きなヒント。

 

私もゆる〜く取り入れ、季節に目を向けるきっかけにしていますよ (*´︶`*)

 

 

f:id:wata202:20190305151016j:image

2019年の啓蟄(けいちつ)はいつ?


3月6日~3月20日(春分の前日まで)が2019年の啓蟄の時期。


冬ごもりをしていた虫たちが春の暖かさを感じて地中からはい出し始める時期と言われていて一雨ごとに春の気配が訪れます。

 

確かに少し前まで出不精気味になっていた私ですが、最近は暖かくなって来たのもあってなんとなく動き出したい気分になっています。(笑)

 

“虫たち”と言いますが、虫だけでなく全ての生き物が春の気配を感じ取っているのかもしれませんね。

 

花粉症の症状も酷くなる時期。

花粉症は冬の過ごし方が大きく関わるとも考えられていて、デトックスの意味もあるそうなので、くしゃみも鼻水も出るものはじゃんじゃん出してしまうのが良いそうです。

 

春は1年で1番精神的にバランスが崩れやすい季節

三寒四温の言葉通り、暖かくなったり寒くなったり気温の差が激しい時期。身体の筋肉が緩んだり締まったりする為、強い怠さを感じることがあります。

 

また、自律神経が弱りやすい時期でもあります。《木の芽時》とも、よく言いますが色んな要因から情緒不安定になりやすい時期。

  • 生活リズムを整えること
  • 朝、太陽の光を浴びること
  • 身体を冷やさないこと
  • 深呼吸をすること

などが、基本的なことですがこの時期はそれが大切とのこと。

 

特に朝の太陽を見ながらの深呼吸はこの季節には、最も効果的です。

 (二十四節気に合わせ心と体を美しく整える、より。)

と、あるので朝、カーテンを開ける時に深呼吸をしたいですね。

 

気分が落ち込みがちな時は、どんどん泥沼に沈んできやすい時。

「ちょっと最近鬱々した気分だな..」「最近なんか身体が怠いな...」と感じることがあったら〝そうゆう時期なんだ〟と、気候のせいにしてゆっくり深呼吸をしてもらえたらいいな。と思います。(私も気を付けようっと!笑)

 

啓蟄の時期に雷が鳴ったら...

立春の後、初めてなる雷のことを「春雷」と呼びます。春の訪れを告げる雷とも言いますね。

 

でも、立春の後と言っても、この啓蟄の時期に鳴ることが多いようで「虫だしの雷」と呼ばれているそうです。虫を土の中から誘い出す目覚まし時計のような雷。って面白いなあ。といつも思います。

 

もし、近々雷を聞くことがあれば、「あ!虫だしの雷だ!」とちょっと嬉しくなっちゃいますね。(私だけかもしれませんが。笑)

 

f:id:wata202:20190305151028j:image

 

さいごに...

今日は啓蟄について書いてきました。

 

季節の移ろいに目を向けることは、忙しく過ごす日々に彩りを添えてくれて心に余白を与えてくれる気がします。

 

皆さんも、

良い啓蟄をお過ごしくださいね。

 

▷▷▷ recommend 

 私の二十四節気の教科書はこちらです◎  

▽ 合わせて読みたい ▽

www.wata202.com