ことごと紡ぐ、淡々と

日々の暮らしを めいっぱい楽しみたくて日々、試行錯誤しています。 --- 家仕事って、おもしろい。---

日記を書いたら読み返そう。連用日記それぞれの魅力をご紹介

f:id:wata202:20190412013921j:image

 

 
  • 日記を始めたい
  • 日記を書くなら読み返したい
  • 連用日記が気になる

 この記事はそんな方のお役に立てる...かも???

 

 

こんにちは。綿です!

子供の頃は日記が続かなかった私が、唯一続いている10年日記。

 

今では育児日記として5年日記もつけていますが、読み返しやすく続けやすいのでとても気に入っています。

 

3年、5年、10年 と連用日記も様々。連用日記の良さや、それぞれの魅力を私なりにご紹介したいと思います◎

 

 

1.連用日記の良さ

 

読み返しやすい

 

日記にも色々とありますが、連用日記の良さはなんと言っても読み返しやすく、

去年の自分に会えること

これが、1番だと思います。

 

以前、手帳にちょこちょこ日記を書いていたこともありますが、読み返すことはほとんどありませんでした。

 

日記は書き出すこと自体に意味があるので読み返さなくても良い。との意見ももちろんありますが、読み返すからこその楽しさもあります。

 

連用日記だと2年目からは、上に過去の自分の日記が書いてあるので自然と読み返すことができます。

 

  • 去年の今日にも花見をしてた
  • 毎年この時期に扁桃腺が腫れてる
  • これ、2年前から悩んでるのか

 

(全て先週思ったことです。笑)

 

そんな風に日々、日記をつけながら振り返ることができるのは連用日記ならではだと思います。

 

続けやすい

 

ただでさえ日記を始めても続かないのに連用日記なんて続くの?

 

と思われるかもしれませんが、私個人的には連用日記の方が続けやすい気がします。

 

1日に書く枠が小さめなので、気軽に書ける

1日1ページなど枠が大きいと「何を書こう…」と、ついつい気負ってしまいやすいですが枠が小さいと結構気軽に書けます。

 

[今日は楽しかった!]と、

一言だけ書いている日もありますが枠が小さめだと、そんなに気にもなりません。

 

何日か空いてしまっても、また始めやすい。

 

「続かなくても、辞めずにまた始めれば長い目で見たら続いたことになる。」

 

と、高校の頃に先生が授業で言っていましたが連用日記はまさにその通りだなぁと思います。

 

たとえ毎回3日坊主でも、思い出す度に書いて10年経てばそこそこの量になります。

 

連用日記は、毎日書かなくても

空白でも構わない。

 

そう思わせてせくれるので堂々と休めて、堂々と再開することができます。

 

再開するハードルがぐっと低くなるので結果的に書くことが増える気がします。

 

リーズナブル

 

こちらはちょっと、余談ですが…

 

連用日記はどれもそこそこなお値段はしますが、それを3年、5年、10年で割ると…1年に1冊買うよりもリーズナブルだったりもします。

 

2.連用日記それぞれの良さ

f:id:wata202:20190412114441j:image

連用日記と言えば3年、5年、10年と年数も色々ありますがそれぞれに良さがあります。

 

3年日記

 

連用日記の中では1番期間が短いので書き終えやすい3年日記ですが、

私が唯一使ったことのない連用日記。

 

書く枠が他の連用日記に比べると大きめなので、書いていない日が目立ちやすく、書ける量も多いので、ゆるゆると書いている私には若干ハードルが高い印象だったので挑戦したことはありません。

 

ですが、逆にそこが魅力でもあるので、その日のできごとだけでなく、思ったことや感じたことなどを沢山書きたい方にはおすすめです。

 

また、3年は小学校(2冊で6年)、中学校、高校など学校の区切りとも合うのでお子さんが使う日記、またはお子さんに合わせてお母さんが使う日記としても使いやすそうです。

 

  • 書く枠が他の物より大きい
  • 沢山書きたい方にはおすすめ
  • 使用期間が短く書き終えやすい
  • 学校の区切りと合う

 

5年日記

f:id:wata202:20190412121331j:image

 

3年日記を終えた後、移行しやすいのがこの5年日記。書く枠の大きさも程よくてキリが良いのが魅力ですね。

 

私も育児日記として使っています。

書きたいことが沢山ある日もあれば、そうでない日もありますが、5年日記は程よく書ける印象。

 

10年日記よりも期間が短い分、読み返しやすく、内容も充実しやすいのがいいなぁと思っています。

 

  • 書く枠が程良い
  • 読み返しやすい
  • キリが良い

 

 

10年日記

f:id:wata202:20190412123008j:image

 

大きさや、厚みもあって迫力のある10年日記。10年続けるのかと思うと身構えてしまいますが、私のように飛び飛びでちょこちょこ書いていても〝空いている感〟が少なく、続けやすいのが魅力。

 

書く枠は他の連用日記よりも小さめなので、沢山つらつら綴るより日々の記録や一言日記を書くのに丁度良いです。

 

10年分の記録ができるので、書いていく内に体調の崩しやすい時期や、心境の変化が分かるようになったりします。

 

また、保管する時に冊数が少なくて済むのも魅力の1つだと思います!

 

  • 書く枠小さい
  • 「沢山は書けないな」という方にはおすすめ
  • 日々の記録におすすめ
  • 10年分の自分史ができる
  • 残す時に冊数が少なくて済む

 

 

私なりのまとめ、

どの連用日記にも良さがありますが、

意外と用途は分かれそう。

 

  • 読み返すことよりも、毎日の感じたこと、思ったこと、できごとなどを沢山書き出したい方は3年日記。

 

  • 書き出すことよりも、振り返れるように要約しながら記録として残したい方は10年日記。

 

  • その間が5年日記。

 

(あくまでも私、個人のまとめですが。笑)

 

因みに、私の母は10年日記をつけていて、沢山書くことがある日だけ3年日記にも書いています。そんな使い方もいいなぁと思います。

 

ともあれ、書き終えると

その年数分の自分がギュギュっと詰まった自分史が出来上がる連用日記。

 

とても楽しいので気になっている方は挑戦してみてはいかがでしょうか?

 

 

 

 ▼合わせて読みたい

www.wata202.com

 

www.wata202.com